太らせすぎに注意!案外きれい好きなミニブタちゃん

少し前に女性タレントが自宅でミニブタを飼っている風景をテレビで放送していましたが、ブタよりもイヌやネコに近い感覚で見ていました。

というのも、ミニブタは家畜をペットように小さく品種改良したもので一般的なブタが300㎏~400㎏というのに比べ、50kg前後しかありません。

小さくてかわいいので一般家庭でも飼うことができます。ただし、ミニブタと信じて買ったのになぜか100㎏超えに成長するブタもいるようです。

ミニブタよりもさらに小さいマイクロブタというのもいて、重さは30㎏前後です。日本の住宅事情を考えるとこちらもおすすめです。

現在日本で販売されているミニブタはポットベリーとゲルチンゲンという品種、もしくはこれらの雑種となります。

そのため毛の色は様々で黒、白、茶色、またはミックスとなります。

ミニブタは小さいだけではなく、知能が高く、人に懐きやすいというのもペットとして人気がある理由です。

イヌやネコと同じように家族の中に入り、集団生活をおくることができます。頭がいいのでしつけるとイヌのようにお手などの芸ができるようになるそうです。

ミニブタと言っても体重は成人女性ほどありますし、力は強いです。とくに鼻を使ってパンチをしたり、ぐいぐいと押してきたりします。

散歩に連れていくときはきちんとリードを付けないと突然暴走した場合に制御することができません。

ブタが散歩?と思うかもしれませんが、ミニブタはやはりブタだけあって肥満になりやすいのが心配です。

カロリーを摂り過ぎたり、加工品ばかり食べさせているといわゆる人間でいうメタボになってしまいます。

そんなときは運動させるのが一番。リードやハーネスをつけて散歩に連れて行ってあげてください。

もし家に庭があればミニブタが土を掘れる場所を作ってあげるのもおすすめです。ミニブタには鼻で土を掘る習性があるのでさせてあげないとストレスが溜まってしまいます。

もし庭がなくてもケージの中に箱を置き、砂を入れて掘れるようにしてあげてくださいね。水遊びや泥遊びも大好きです。

ミニブタは実はきれい好きというのもびっくりです。ミニブタは寝る場所とトイレを明確に分けるため、ケージの中でも別々に用意してあげてください。

トイレのしつけもできますが、おしっこやうんちは結構臭いです。こまめに掃除をすることが大事ですが、ペット用消臭スプレーなども活用してください。

ミニブタの餌は基本的には野菜と穀類です。イモ類や根菜類を好んで食べます。餌代は毎月5000円前後はかかるものと覚悟してください。

また雑食なので食べ物を放置しておくとなんでも食べてしまいますので、お菓子などを置きっぱなしにしないでください。

飼育環境ですが、ミニブタは寒さには比較的強いですが暑さには弱く夏場にエアコンをかけない部屋に置いておくと熱中症になることもあります。

ミニブタは自分では体温調節ができないので、真冬や真夏は温度管理に気を付けてください。

そんなミニブタの価格は3万円~10万円ほどです。10年~15年程度生きますので、家族同様に迎え入れてあげることが大事です。

イヌやネコと同じ感覚で飼えますので、ミニブタはレアなペットの中では現実的に飼いやすい動物だと思います。おすすめ度は星★★★★です。

インターネットで検索すると、すぐに購入できるショップがいくつかありましたよ。