大きな耳が特徴!砂漠で暮らす暑さに強いキツネフェネック

昔、「風の谷のナウシカ」というアニメがありましたが、主人公の少女が肩に乗せていた大きな耳の動物がフェネックに似ています。

大きな耳が特徴のフェネックはアルジェリア、エジプト、スーダン、チュニジアなど北アフリカの砂漠のある国に生息するキツネの仲間です。

体調は30㎝~40㎝ほどで、体重は1㎏~2㎏です。特徴的な大きな耳は9㎝~15㎝もあります。

フェネックは大きな耳で遠くの音を聞き分けたり、熱を放出して砂漠の暑さから身を守ります。

フェネックは足の裏にも毛が生えていて、砂漠の熱い砂の上を歩くのもへっちゃらです。

性格は臆病で警戒心が強く、ペットとして飼い始めても人に懐くまで1年以上かかることもあります。

しかし、個体によってはもっと早く人に懐き、甘えるしぐさを見せるものもいるようです。

体毛は長く、砂漠の厳しい環境の中で体温調整をしてくれます。日中の暑さや夜の寒さから体を守ってくれます。

フェネックの体は砂色で砂漠で暮らすための保護色となっています。砂漠にはガゼルやハイエナ、ヘビなどの天敵も多いのです。

夜行性なので夜活発に動きまわります。ペットとして飼う場合にはちょっとうるさいかもしれません。鳴き声もきになるところです。

フェネックはイヌやネコを飼うのと同じ感覚と言いますが、正直イヌやネコよりも飼育は難しいです。

トイレのしつけもできませんし、イヌのように体温調節もできません。とくに寒さには弱いようです。

活発なので部屋に放し飼いにする人もいますが、おしっこやウンチをするので大きめのケージが必要となります。

おしっこやうんちが結構臭うようなのでこまめな掃除が必要です。

ジャンプ力もあるのでケージもある程度背の高いものが理想的です。ケージの中には巣箱や木などを入れて上げましょう。

フェネックを飼育している人の家を拝見すると丸々一部屋フェネック専用の部屋があり、ケージも自作で2m近くあるものでした。

フェネックは飼育方法がそこまで確立されていないので、飼う前に実際に飼育されている方のお話を聞くことが大事だと思いました。

フェネックを連れて外出するときは念のためリードをつけているそうですが、もちろん嫌がるので大変なようです。

フェネックの食事はキャットフードやドッグフードで問題ありません。イヌやネコのように一気に食べるわけではないようなのでドライフードの方が衛生的です。

水分補給のための給水ボトルをケージにつけてあげましょう。フェネックは雑食なのでドッグフードやキャットフード以外にも卵や昆虫、野菜や果物も食べます。

フェネックの価格は60万円~100万円。価格的には決してお手頃というわけではありません。

寿命は10年程度でイヌと同じです。こまめな健康診断や予防接種をすることが長生きの秘訣です。フィラリアなどイヌがかかりやすい病気はフェネックもかかる可能性があります。

フェネックについていろいろ調べた感想ですが、片手間に飼えるペットではないなという印象を受けたのでおすすめ度は星★★にしておきます。

フェネックを飼育する環境の整備、給餌、健康管理など手がかかりますので時間的にも経済的にも余裕のある方におすすめします。