レアなペットは種類豊富!自分のライフスタイルに合ったペットを選ぶ

ペットといえば、犬や猫、金魚などが一般的ですが、実は自宅で飼うことのできる動物はそれだけではありません。世界中には実に沢山の動物がいて、ペットとして日本でも手軽に飼える動物はたくさんいます。中には聞いたことがあるものもいますし、全く初めて聞くものもいます。

ペットとして買える動物は日本の住宅事情を考えると小動物になってしまいますが、それでも種類が豊富で特徴もそれぞれです。珍しいペットといえば、フェネックなどのキツネ類やリスザルなどのサルの仲間などがいますが、小動物の多くは愛らしいルックスや柔らかい毛におおわれていて見た目にも可愛らしくそばに置いておきたいと感じさせます。

また動物のほかにも魚や爬虫類なども好んで飼う人もいます。魚や爬虫類は小動物に比べると手がかかりません。手がかからないといっても水槽の清掃や水の入れ替えは必要ですが、忙しい人には魚や爬虫類がおすすめです。

ちょっと変わったペットを飼うのはデメリットやリスクもある

ただし、珍しいペットに限らずペットを飼うことは少なからずメリットデメリットがあります。

変わった動物を飼う理由は様々です。以前動物園などで見て可愛かった、ペットショップで衝動的に飼ってしまった、知人からもらったなどいろいろな理由があると思いますが、飼う前にまず本当に自分に飼えるのか、世話できるのかということを考えなければなりません。

いくら可愛いと思っても、経済的、環境的、時間的に飼育できないこともあります。また、珍しいペットを飼うことはそれなりにリスクもあります。あまり飼っている人がいないので飼育に関する情報が得られない、病気になったときに連れていく病院がわからないなどということもあります。

一方であまり飼われていないペットを飼うことは自分でその生態を開拓していく楽しみがあります。今まで知らなかった動物の実態を身近で発見するのはとても楽しいことです。

手間がかかる、言うことを聞かない、部屋が汚れるなどペットを飼うことの難しさを実感する瞬間があるかもしれません。でもそれを差し引いても得るものが大きいと思います。気づかないうちに生活にハリが出たり、癒されたり、満たされたりする部分も多いでしょう。

また家族の中で話題が増えたり、お子さんがいれば世話をしたり成長の記録をとったりすることで生き物に対する愛情や命の尊さを学ぶこともあります。ペットについて相談をしているうちに同じようなペットを飼う仲間ができたり、コミュニティに参加したりと社交の場が広がることもあります。人間関係が上手くいかず孤独を感じている人もペットが心のよりどころとなってくれるケースも少なくありません。

ペットを飼うことであなたが幸せになれるとしたら、同じようにペットのことも幸せにしてあげたいという気持ちを持つことが大事なのではないでしょうか。このブログでは珍しいペットを飼うことのメリットやデメリットだけではなく、動物によって異なる飼育方法や飼育の難易度、かかる費用などについても詳しくご紹介します。

人とは違うペットを飼いたい、でも何を選んでいいかわからないという方はぜひブログを参考に自分のライフスタイルに合ったペットを探してみてください。

クラゲは神秘的で美しいですが飼育の難易度は高く素人では難しいと言われています。専用の水槽やポンプなどが必要となり、水質や水温の管理は重要です。クラゲは粘液を出してプランクトンなどの餌をからめとります。

ミニブタはイヌやネコ同様に飼いやすいと言われています。人懐っこく、家族として生活することができます。食事は野菜や穀類です。肥満になりやすいので散歩などをさせてあげましょう。土を掘る習性があります。